◆◆◆最新情報◆◆◆

障害者のための求人・転職サービス



西田文郎公式facebookページ



西田文郎公式メルマガ







西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
このブログを携帯で見る
qrcode
アーカイブ
カテゴリー
羽田元総理死去!これは2004年いい夫婦の日でご一緒したブログです。

いい夫婦の日


今日、11月22日、私の西田塾の二期生である日本ユニバーサル協会代表の広瀬社長が東京の全日空ホテルで『いい夫婦の記念日』という催しを行いました。

この日は『結婚式』『銀婚式』『金婚式』の3組のカップルをお祝いする記念式典を行い大勢の来賓の方が『いい夫婦』を祝福しました。

元総理の羽田さんやデザイナーの桂由美さん、歌手のビリーバンバンさん、長沢純さん、モデルの高世明美さん、行徳哲夫先生他多数、そして水墨画の中野素芳先生が皆様の前で『松、竹、梅』の大きな絵を三枚お書きになりました。

特に梅を書く時は筆ではなく雑巾で書かれあっという間に素晴らしい絵が出来あがったので会場の方も大変驚かれていた様です。

実は私の家内も素芳先生の弟子として舞台に上がりこのデモンストレーションに参加していたのです。

私も司会の方に作家とメンタルトレーニングの指導者として会場の皆様に紹介されたのですが今日は家内の事ばかりが気になっていました。

それにしても私の西田塾に来られている経営者の方は広瀬社長を始め皆さん『ツキと強運』という不思議な力を発揮して日本を動かしています。

広瀬社長の夢は11月22日いい夫婦日を日本の皆様に伝え多くの方が『真の幸せ』を掴まれる事を願ってこれからもずっとこの催しを行っていくと言っていました。

結婚していらっしゃる皆さん!

『いい夫婦の記念日』を祝える様に配偶者と仲良くしましょう。
| 西田文郎の心学塾 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「SBT」スーパーブレイントレーニング‼️
今、脳の訓練法則「SBTスーパーブレイントレーニング」の認定講座をお受け下さる方が大変多くなっています。

「SBT認定講座」は、3級→2級→1級という段階があります。

1級は脳の機能を理解し、あらゆる分野の指導者になる「最高ランク」の非常にレベルの高い勉強会です。

SBTの1級資格を持っている方は本物です。

中には、SBTの認定資格が無くて脳のお話をしている人がいますが、それは深い勉強をしていない「詐欺師」です(笑)!

私は、今から約45年前に、この「SBT」の研究を始めました。

周りが誰一人、人間の脳の機能の素晴らしさに気づいない時に当時、多くの研究者達にお会いしました。

ほとんど、私より年上の方々でしたので、もう亡くなられた方も沢山いらっしゃいます。

今、やっと「人工知能」の時代が来て多くの皆さんが、その事の重要性に気づき始めました。

全ては、脳にあります!

人間の一生は大自然から見たら一瞬です。

しかし、本当に大切な事は、その人が亡くなってから永遠に伝承されていき「人類」が進歩して来ています。

これからも、100年後、500年後、1000年後の未来の人への影響を考えてSBTをお使い下さい‼️

私が20代の時にお会いした今は亡き「人生の師」達は、きっと喜んで下さっていると思います!

私も、脳の最後のノウハウの「天運の法則」に向かって頑張ります‼️深謝。

西田文郎の「繁栄の法則」9月品川

西田文郎の特別講演会ワンデーセミナー東京

西田文郎の「天運の法則」9期11月東京

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


SBT資格取得講座

| 西田文郎の心学塾 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いつも戦争は男達の犠牲!隠された秘密!

ソ連兵の「性接待」を命じられた乙女たちの、70年後の告白

敗戦とともに崩壊した「満州国」では、地獄絵図としか表現しようのないほど、飢えと暴力、そして絶望が蔓延した。

孤立無援の満洲開拓団は次々と、集団自決に追い込まれていった。

そのとき、ある開拓団の男たちは、ひとつの決断を下した。

現地の暴民による襲撃、ソ連兵による強姦や略奪から集団を守り、食料を分け与えてもらう代わりに、ソ連軍将校らに結婚前の乙女たちを「性接待役」として差し出したのだ。

犠牲となった「彼女たち」は、日本への引き揚げ後もこの忌まわしい記憶をずっと胸の内にとどめていたが、70年が経ち、その重い口を開いた――。

ノンフィクション作家・平井美帆氏の特別寄稿。

| 西田文郎の心学塾 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もう、待った無しです!
あなたの期待は裏切られます。

もう、国や政治家では止められません?

このままいくと、20年後の日本は「人口の4割が60歳以上という超高齢化社会」になります。

その時、「60歳以上の方が、25〜60歳の人口よりも多い」というトンデモない世の中となります。

これから人口は急速に減少しはじめ、2040年代には毎年100万人以上のペースで人口が減少していくという恐ろしい時代に入っていきます。

私は、今まで、色々な分野の未来予想を的中させて来ましたが、この人口減少は、一部の方を除き、多くの人々にとって、あまり良くない予測です。

1、近い将来、必ず起こる年金制度の崩壊
1、日本から逃げ出す一部の富裕層
1、仕事と収入が無くなるロボティクス時代
1、9割の方の国に対する常識が変わる
1、企業の倒産、合併が凄いスピードで進む
1、婚姻制度が無くなるか、大きく変わる

具体的内容は、ここでは控えさせて頂きます。
講演でお聞き下さい。

8月20日東北復興支援「ツイてる人の成功法則と凄いパーティ」

西田文郎の「強運の法則」第22期

西田文郎の「繁栄の法則」9月品川

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/



iPhoneから送信
| 西田文郎の心学塾 | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「老いては子に従え」のウソ!
昔から「老いては子に従え」と言います。

意味は、年をとったら意地をはるよりも、子供のいう事に従うほうが良いという事です。

しかし、これは元々は、仏教や儒教の教えとして女性が守るべきものとされていたものです。

これは、三段階から成りたっています。

幼少時は父兄に、結婚したら夫に、夫の死後は子に従う事を言うことわざなのです。

ここで良く考えてもらいたいのは、そのことわざが発生した時代背景です。

上記三段階から解るように、その時々に応じて、経済的にも管理面でも一家を支える立場にある家長に従うのが良いと説いているのであって、単に年齢の事を述べているのではありません。

つまり、老人はどんな時でも子の世代に従うべき、という意味ではないのです。

面白い事に、今、大人で老人や年長者に「老いては子に従え」と言っている人は皆、お年寄りの気持ちを全く考えていない、自分勝手な思いやりの無い大人なのです。

「老いては子に従え」と言う大人=自分勝手で老人の気持ちを無視している非人間的な大人と言う事になるのです(笑)。

皆さん、是非私の新刊「はやく60歳になりなさい」という本を読んで下さいね^_^。

西田文郎の「強運の法則」名古屋第22期

西田文郎の「繁栄の法則」9月品川

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


| 西田文郎の心学塾 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あなたの会社はどちら?
魂のある企業と魂のない企業の違い!

なぜ、100年続く会社が少ないのか?

なぜ、30年続く会社が少ないのか?

なぜ、30年以内に9割以上の会社が潰れてしまうのか?

それは、企業に本当の「魂」が無いからです。

企業に本当の「魂」を吹き込むのに約30年位掛かるのです。

例えば、トップが真に信頼出来るNo.2を作ろうと思ったら、そう簡単に出来る訳ではないのです。

その信頼出来る「真のNo.2」を3人作らなければ信念のある会社は出来ません。

会社を成功させるには?

目に見える会社の「経営計画書」と、目に見えない経営者の「自分経営計画書」の2通りの「経営計画書」が必要なのです。

経営者に作ってもらっている「自分経営計画書」とは?

イイ組織、イイ会社を作ろうとする経営者は、
勝てる組織、勝てる会社を作れない。

強い組織、強い会社を作ろうとする経営者は、
勝てる組織、勝てる会社を作る。

この本質がなぜなのか?

それは、経営は戦いだからです!

先ずは、戦いの武将であるトップの将軍に「真の覚悟」が無ければ兵はついて来ないのです。

戦略は、将軍の術と言われ、戦術は兵士の術と言われています。

経営者には、先ず将軍の術である「自分経営計画書」が無くてはいけません。

この「自分経営計画書」には、会社の「経営計画書」とは違い、数字は入ってきません。

それがあり、兵士の術である毎期毎期の数字を追い掛ける「会社の経営計画書」があるのです。

一時は儲かるが、30年以内で潰れてしまう会社には将軍の術である「自分経営計画書」が無いのです。

私の最後の究極の勉強会「天運の法則」は、脳の魂の領域に訴えて「自分経営計画書」を作るものなのです。

これは、会社の「経営計画書」とは違います。

その経営者の本能の脳の「魂の領域」に働き掛ける、その人だけの大切な「自分経営計画書」なのです。

私は、実は2年半前に脳梗塞で倒れ、必死にリハビリをして、この「天運の法則」を100人の人に伝えようと思い立ち上がりました。

お陰さまで、その最後の目標も先日達成されました。

私は今、これかの会社に魂ができ、会社が50年、100年、200年と日本の為に続く事を目標に頑張って下さる事を願います!

皆さん、ありがとうございました!

西田文郎の「強運の法則」名古屋第22期
http://jin-planet.com/nishida22/

西田文郎の「天運の法則」第8期東京
http://nishidakai.com/tenun8/

西田文郎の「繁栄の法則」9月品川
http://nishidakai.com/haneilp/

西田文郎公式サイト
nishida-fumio.com/
| 西田文郎の心学塾 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
近い将来、日本もベーシックインカムか?
ベーシックインカム(basic income)とは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。

基礎所得保障基本所得保障最低生活保障、国民配当とも、また頭文字をとってBIともいう。

フィリップ、パレースが代表的な提唱者であり、弁護者である。

しかし少なくとも18世紀末に社会思想家のトマス、ペインが主張していたとされ、1970年代のヨーロッパで議論がはじまっており、2000年代になってからは新自由主義者を中心として、世界と日本でも話題にのぼるようになった。

人工知能とロボティクスが進んで行くと、多くの人の仕事が無くなります。

その時に人類は、どうするのか?

皆さんは、どう思いますか?

| 西田文郎の心学塾 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「自分経営計画書」
これからの時代の生き方に気づこう!

これから来る人工知能とロボティクスの新時代は、今までの考え方は全く通用しない時代になっていきます。

従来の「組織の時代」から「個の時代」になっていくのです。

これは、人や物に対して、「所有の時代」から「利用の時代」へと価値観の変化を遂げていく事を意味しています。

これからは、「変えるべきもの」と「変えてはいけないもの」の境界線をはっきりさせる事が個々に重要になっていきます。

それが出来ないと、企業にとっても、そこで働く人にとっても幸せには結び付かなくなって行くのです。

その為に必要なのが「自分計画計画書」です。

今、この全く新しい時代に必要になる「自分経営計画書」の作り方を「天運の法則」などの勉強会で指導させて頂いています。

この個人の「自分経営計画書」がベースにあって、人生があり、目標目的があり、仕事があり、やるべき勉強が決まって来るようになるのです。

世の中には、「支配者」と「奴隷」と「自由人」の三種類の人間がいます。

「組織の時代」には、一部の支配者と圧倒的多数の奴隷で組織は成り立っていました。

その中に「自由人」がいると、発想力があり過ぎて、組織の統制が乱れるので困り者だったのです。

しかし、これからの「個の時代」は違います。

これからは、無から有を生み出す「自由人」でなければ困るのです。

「自分経営計画書」を作りましょう!

東京7月29日「西田文郎 特別講演会」

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/





| 西田文郎の心学塾 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「組織の時代」から「個の時代」へ!
今までの世の中の社会には、「支配者」と「奴隷」と「自由人」の三種類の人間がいました。

「組織の時代」には、一部の支配者と圧倒的多数の社員さんという奴隷制度で組織は成り立っていたのです。

その中に「自由人」がいると、この自由人は、発想力があり過ぎて、組織の統制が乱れるので自由人は逆に困り者だったのです。

しかし、これからの「個の時代」は違います。

支配者の言う事を聞く奴隷は、人間よりも優秀な人工知能に取って代わられる時代がやって来るのです。

これからは、今まで言われた事だけをやっていれば良かった奴隷だった組織人は必要無くなって行くのです。

これからは逆に、無から有を生み出す枠にとらわれない「自由人」でなければ困るのです。

いよいよ、人類の大変革時代がやって来るのです。

その、新しい時代の脳の使い方の勉強会に多くの方々がお集まりになっています。

私も、7月29日(土)に東京で特別講演を行います。

東京7月29日「西田文郎 特別講演会」

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


| 西田文郎の心学塾 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
これからの人達へ!
日本の99%の中小企業の皆様へ!

これからの、21世紀の社会は、「組織の時代」から「個の時代」になって行きます。

これは、所有の時代から利用の時代へと変化を遂げている事象の表れでもあります。

これからの経営者は、「変えるべきもの」と「変えてはいけないもの」の境界線をはっきりさせる事が重要です。

それが、企業にとっても、そこで働く人にとっても幸せに結び付きます。

その上で、経営サイドは、できるだけ働き方の選択肢を増やす事を考える必要があります。

今後、人口統計の予測通り、確実に労働人口は減少し、日本は超高齢社会に突入します。

人生長期化、医療費、社会保障費の高騰、国家レベルでの財政破綻の危機がすぐそこにまで迫ってきています。

これから、経営者やビジネスパーソンが考えなければいけない事があります。

従来の脳の使い方では、人工知能やロボティクスに勝てません。

どうすれば良いのか?

その秘密を西田文郎が公開します。

名古屋7月10日「西田文郎特別講演会」

東京7月29日「西田文郎 特別講演会」

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/



iPhoneから送信
| 西田文郎の心学塾 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/530PAGES | >>