◆◆◆最新情報◆◆◆

障害者のための求人・転職サービス



西田文郎公式facebookページ



西田文郎公式メルマガ







西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
このブログを携帯で見る
qrcode
アーカイブ
カテゴリー
自殺ほう助で二人が逮捕される!
寂しがり屋の西部さんらしいが二人の人生が!

評論家の西部邁さん(当時78)が今年1月に死亡した際、西部さんの自殺を手助けしたとして、警視庁は5日夜、いずれも西部さんの知人、東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の子会社社員窪田哲学(45)と、会社員青山忠司(54)の両容疑者を自殺幇助の疑いで逮捕し、発表した。ともに容疑を認めているという。

窪田容疑者は「先生の死生観を尊重して力になりたかった」。

青山容疑者は「20年以上お世話になった先生のためにやらなくてはならないと思った」と述べているという。

窪田容疑者は、西部さんが出演していた番組の担当プロデューサーだったという。

きれい事ではなく、人が死にたくなるというのは止められないものなのかもしれない?

皆さんは、どう思いますか?
| 西田文郎の心学塾 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
赤ちゃんは天才!リハビリは赤ちゃんになろう!
赤ちゃんは、立てるまで絶対に諦めない!

私が入院している時に、41歳で脳梗塞になられた方がリハビリをやっていました。

しかし、その人は私より、軽い病状なのにやる気を無くしていました。

私は、その人に言いました。

「リハビリは、病気になった俺たちにしか出来ない経験だよ。コリやチャンスかもよ、同じやるなら楽しくやろうよ!」と、、、

皆さん、リハビリは病気ではありません。

ハイハイしている、立てない赤ちゃんが、痛い思いをして、何回も失敗しても諦めず、最後には立って歩ける様になるのと同じです。

リハビリは焦ってやるのでは無く、脳の「SBT」の苦しさを楽しむ「苦楽力」の呼吸法を使って、カームダウンで一度「氣」を鎮めてから、ワクワクホルモンを変えてからやって下さい。

リハビリをしている皆さん!

もし、神様がいるならば(笑)リハビリは、どんな修行より、人間を成長させる、その人だけに神様が与えた最高の勉強の場なのかも知れないのです。

そう思える様になった時、自分の身体に物凄い自然治癒力が発揮されますよ‼️

人間の脳には、まだまだ「凄い不思議な秘密」が隠されています。

苦しい事は、楽しい事に変えましょう‼️

脳は苦しい事を楽しくやる「苦楽力」を発揮すると凄い事を起こすのです‼️

リハビリをやっている全ての皆様、これを見て下さい‼️

赤ちゃんになろう‼️

「脳とリハビリ」
https://youtu.be/SUWZu1h8ENA

西田文郎公式サイト
nishida-fumio.com/
| 西田文郎の心学塾 | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なかなか引退させてもらえない(笑)

人工知能が出てきて、これから益々世の中の常識が変わります。

研究者に会っていると、どうにかなるだろうと思っている経営者が「おめでたい人」に見えます(笑)。

従来の学校が教える勉強のほとんどはスマホに任せた方が生徒の能力の向上になります。

これは、ビジネスパーソンも同じです。

今までのビジネスは、スマホがやってくれます。

これからは、脳の使い方をかえなければならないのです。

しかし、実際には97%位の方々は、その緊張感がありません。

従来のロジカルシンキングでは勝負になりません。

これからは、クリティカルシンキングの脳を磨かなければなりません。

早く、学校教育を変えなければ日本は中国などの奴隷になってしまう可能性があります。

世界では、大変革が起こっています。

最強思考の脳を作る「強運の法則」の勉強会を東京で3月から行います。

引退させてもらえない時代になっています。

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


| 西田文郎の心学塾 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人の優しさの見分け方!
以前、ある方に「人の優しさと裏側」の話をしました。

その話は、実は、優しさには深さと幅があるという話だったのです。

世の中には、色々な人がいらっしゃいます。

それは、いざとなった時、分かります。

人に対して、

深く強く優しい人。

浅く弱く優しい人。

優しそうに見えて、優しくない人。

一見、優しそうに見えないのに実は優しい人。

人間は、千差万別です。

そして、優しいと思った人に裏切られたと言う人が世の中には沢山いらっしゃいます。

それは、その人の表面しか見ていないからです。

本当に深く優しい人には、ある特徴があります。

それを見れば、その人が偽物か本物かがわかります。

それは、あなたに優しそうでも、その人が自分の親にどれくらい優しくしているか?を見れば分かるのです。

自分の親に感謝もせず、親に優しくしていない人が、他人に心の底から優しくするはずがないのです。

多くの場合、それらはつくろいの優しさであり、損得での優しさなのです。

それでもよいのです。

人に優しくしている間に親に優しく出来る様になれば、、、

でも、本当に心から優しい人と言うのは、間違いなく「親に優しい人」なのです。

その人の表面ではなく、本質を見たければ、その人の親に対する接し方を見れば真に優しい人か、そうでないかは分かるのです。

人に対して真に優しい人は、親に対する感謝の感情を持っているのです。

まずは、親に感謝し、親に優しくなれる人になりましょう!

| 西田文郎の心学塾 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
これでイイのか?相撲協会の対応!

八角理事長 貴乃花親方を巡業から外した理由は「問題への対応があるので、今回は休んでもらうことに」


定例理事会を終え、八角理事長が記者会見に出席した。

(会見を前に)「日馬富士暴力問題において世間の皆様には大変申し訳なく思っている。

どうもすみませんでした」

☆白鵬を厳重注意した。

「(万歳などは)横綱の品格に関わる言動で今後は慎むようにと白鵬と宮城野親方を理事会に呼んで私から厳重注意した」

☆伊勢ケ浜親方の監督責任は。

「まだ中間報告なので、その辺が終わってからと考えている」

☆貴乃花親方を巡業から外した理由は。

「まだこの問題への対応があるので、今回は休んでもらうことにした」

☆貴乃花親方の報告義務に関する責任問題は。

「話は出たが、それもまだ中間報告なので、また議論したい」

☆貴乃花親方が冬巡業に来るなら参加しないという声について。

「いろいろな話はあるが、そういうことは力士会で決めて経営協議会に諮るのがルールになっている。そこに持ってきてくれと話をした。白鵬が言ったということはこの場では控える」

☆再発防止など理事会ではどのような話し合いになったか。

「毎年全力士を集めて講習会をしているが、そういうことや年寄会、師匠会などで粘り強く、厳しく指導していきたいと思っ
| 西田文郎の心学塾 | 04:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ21日感覚破壊「東京特別講演」
SNSの情報の怖い世界!

インターネットの便利な時代になり今や、子供から大人まで、多くの皆さんが携帯電話でSNSの情報を取得しています。

この情報には、正しい情報だけではなく、脳をマインドコントロールする、危ない情報もたれ流しになっています。

この情報過多の時代には、情報のチェックの仕方や分析の仕方が大変重要になると思います。

専門家の間でも「エコーチェンバー現象」「エコーチェンバー効果」が問題になっています。

「エコーチェンバー現象」とは、情報、信念などが閉じたコミュニティ内で反復されることで増幅、強化される現象をさします。

この「エコーチェンバー現象」は、同じ意見の人だけが話し合っているうちに、それが正しい事だと皆んなが信じてしまう事を指します。

「エコー・チェンバー」は、情報やアイデアや信念などが、閉じたシステムの内部でコミュニケーションされ、反復されることで、増幅、強化される状況のメタファー(隠喩)となっているのです。

比喩的な意味における「エコーチェンバー」の内部では、公式発表には疑問が一切投げかけられず、それと異なる、あるいは、対抗する見解は、検閲、禁止されるか、そこまでならないとしても目立たない形でしか提示されないのです。

今まで、数多くのテロを行って来たイスラム国の終えんが近づいていると言われています。

既にIS戦闘員がイラクのモスル西部の旧市街及び彼らが首都とするシリアのラッカにほぼ追い込まれているからです。

しかし、欧米やトルコ、ヨルダン、クウェートなど中東諸国のイスラム過激組織の専門家は新たな危機を懸念しています。

なぜならば、組織としてのISは疑似国家の消滅で解体しても、地下に潜り母国に戻るIS戦闘員や彼らのイデオロギーが拡散し、各地で新たなテロを引き起こす可能性が高いからです。

このため、英仏独などの欧州諸国やロシアの治安専門家は、自国出身のIS戦闘員の帰国に目を光らせつつ、IS思想への共鳴者の監視を強化しています。

しかし、彼らのテロが無くなる事は大変難しいと思います。

なぜならば、SNSによる「エコーチェンバー現象」は、これからますます増えるからです。

あなたの大切なお子さんや家族がSNSの悪い「エコーチェンバー現象」を起こさない事を願います。

その為には、正しい人間の「脳の教育」が重要になって来ます。

今、日本中に私が開発した脳のSBT(スーパーブレイントレーニング)の指導に多くの一級トレーナーさんがまわって下さっています。

是非、驚きの脳のSBT講演をお聞き下さい。

私は、今週の土曜日の21日に東京で特別講演を行います。

楽しみにしておいて下さい。

西田文郎の特別東京講演10月21日

http://nishidakai.com/nishidakai1021/


新しい時代の女性経営者の為の「西田塾」

http://meidoukan.com/lp/nishida-woman9/


西田文郎の「天運の法則」9期11月東京

http://nishidakai.com/tenun9/


西田文郎の「繁栄の法則」12月5日〜6日東京

http://nishidakai.com/haneilp/


西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


西田文郎のメルマガ

http://nishida-fumio.com/mail/



| 西田文郎の心学塾 | 03:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
これから起こるニュース介護施設
今や常識「介護出来ない介護施設」

厚生労働省は、6月24日、2025年度に介護職員が全国で約38万人不足するという推計を発表しました。

2025年といえば団塊の世代が75歳以上になる年。

要介護者の数も相当な数に上ることが予測されると考えると、それは大きな衝撃でした。

しかも、今年の2月に約33万人の介護職員が不足するという暫定値の公表がされたばかりにもかかわらず、さらに5万人増えた数値が発表されたため、なおさら超高齢社会の介護に対する不安が広がっています。

| 西田文郎の心学塾 | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
これから起こるニュース!
今や常識「銀行が潰れる!」

金融庁が全国にある地方銀行の貸出業務に伴う収益見通しを試算したところ、2025年3月期で6割の地銀が赤字に転落する見通しであることが明らかになった。

地方の人口減少に低金利が重なって利ざやが縮小、営業経費を賄えない地銀が続出すると予想している。

九州大学名誉教授で関西外国語大外国語学部の堀江康熙教授(金融論)は「人口減少の大きい地域では地銀の経営がますます悪化し、赤字のところがさらに増えるだろう」とみている。

預金を集めて貸し倒れリスクの低い取引先に金を貸すだけのビジネスモデルは、もはや限界なのだろうか。
| 西田文郎の心学塾 | 03:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
利害関係と人間関係!
真の「人間関係」とは?

脳の分析をしていると、世の中には、利害関係だけで繋がっている人間関係が非常に多いものです。

もちろん、それが悪いわけではありません。

しかし、人生の中で、本当に良い人間関係を作ろうと思ったら、自分の都合だけ考えていると、そう簡単に本当に良い人間関係は出来るものではありません。

人間の世界では、血が繋がっている「血縁」でも、血の繋がりがない「地縁」でも、何かあった時に、損得抜きで相手の事を思う「お・も・い・や・り」で深い人間関係が成り立っているのです。

そんな中で、多くの方を見てきて、面白いように「血縁」を大切にしない人の「地縁」は、利害関係だけがベースになっている事が多いものなのです。

利害関係=利「害関係」?

しかし、利害関係は「利」がなくなったら、「害」の関係となるものです。

そんな人間関係は、真の人間関係ではありませんね。

「利害関係」の彼らには、自分にとって、都合の良い時の、都合のイイ人だけが「良い人」なのです。

真の人間関係とは、「血縁」と「地縁」を本当に大切にした所の「信頼関係」以外からは出来ないものなのです。

今から、72年前の日本人は、皆「利害関係」ではなく「人間関係」で自分の命を犠牲にしてでも「守りたい人」がいたのです。

しかし、戦後72年の現在では、一番大切にしなければいけない親や祖父母を大切にせず、自分の事しか考えていない自己中心的な日本人が大量に増えてしまいました。

今の日本人の多くは「天運の法則」の7つの法則を無くしてしまっています。

「天運」=守らなければならない7つの法則

1、真の親孝行
2、先祖の歴史
3、日本の国記
4、天との約束
5、善と正義
6、無知の知
7、伝承、伝達

あなたは、何の為に生きているのですか?

あなたが、生きていると誰が幸せになるのですか?

あなたは、誰を幸せにする為に生きているのですか?

西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


| 西田文郎の心学塾 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【はやく60歳になりなさい】
新刊「はやく60歳になりなさい」大反響!

誰の人生にも、何度か大きなチャンスがあります。

世の中には、それをものにできる人と、ものにできない人がいます。

実は、60代は誰にでも訪れる人生最大のチャンスなのです。

この本でお話しするように、人生のピークは60代にあります。

60代こそ私たちの腕の見せどころであり、がんばりどころであり、人生一番のハイライトなのです。

60代は、競争から解放されます。

そして、哲学的な考え方ができるようになります。

ですから、心が純粋になり自己実現に向かいやすいのです。

むしろ20代〜50代は、そのための準備期間だったとさえ言えます。

つまり、20代〜50代までに蓄えた経験と知恵のすべてを使って、60代からは誰にも支配されず自由に生きる。

それが、60代の特権なのです。

この特権を行使するか、見送ってしまうのか。

幸せな60代を送るのか、不幸せな60代を送るのか。

60代を人生のピークにするのか、60代を台無しにしてしまうのか。

その決断は自分自身が握っています。

例えば、もし皆さんに「これまで長いこと、一生懸命働いてきた。定年になったらのんびりしたい」「もう悠々自適でいいんじゃないか」などという思いが、少しでもあるとしたら、どうか気をつけてください。

その「十分にがんばった感」「まあいいや」という思いが、何よりも危険なワナなのです。

そう、私たちの心の中にはチャレンジしたり、幸福になったりすることを邪魔するようなワナが、いつくも仕掛けられているのです。

●もう、この年で始めるのは面倒だ

●もう、のんびり暮らしたい

●もう、その気力がわかない

●もう、チャレンジするような元気がない

●もう、おしゃれするような年ではない

●もう、モテるわけがない

もし、「もう、〇〇だから」というマイナス言葉を頻繁に口にしているとしたら要注意です。

「もう、年だ」「もう、しんどい」「もう、モテない」「もう、いいや」。

その口グセが、人をどんどん老化させていきます。

これを私は「“もう年だ”の法則」と言っています。

朝昼晩と1日3回唱えると、1年で1095回も唱えることになります。

これだけ唱えれば、脳の老化が強化され、イヤでも老化が実現されてしまうことは、私の著作をお読みいただいている読者の皆さんでしたら、よくお分かりでしょう。

「もう、〇〇だから」を口にするごとに、私たちの想像力は委縮し、夢や願望が描けなくなります。

「もう年だ」「もう気力がない」「もうムリだ」と思っている人に何を言っても無意味です。

老いも若さもしょせんは錯覚。

だとすれば「もう〇〇歳だから」と10歳老ける錯覚をするより「まだ〇〇歳だから」と10歳若くなる錯覚をしたほうがいいのです。

『はやく60歳になりなさい』現代書林

60歳を過ぎてもハツラツとして若き人はいるし、40代なのにすでにくたびれはてて年老いている人もいる。

それは年齢ではなく、日頃使う言葉や態度によって決まる。

グチや不平不満、悪口、泣き言、文句等々、人の気持ちを暗くすることばかりを言って、不機嫌で、悲観的に生きているのか。

ついてる、うれしい、たのしい、しあわせ、ありがとう、感謝します、と人を明るくする言葉を使い、上機嫌で、楽観的に生きているのか。

60代は、20代〜50代の蓄積だ。

60歳になるまで、どんな言葉を多用してきたのか、どんな態度で生きてきたのか。

その結果が成績表となって60代にあらわれる。

人の役に立つこと、人からの頼まれごとをしてきた人には60代には更にどんどんオファーがくる。

しかし、人の役に立つことや、人からの頼まれごとを断り続けてきた人には60代になると誰かからの引きもなくなり、誘いもなくなる。

何かを頼んでも嫌な顔をされたり、また断られるだろうと思えば誰も頼む人はいないからだ。

40代、50代は、黄金の60代を作るため、日々精進ましょう!

黄金の60代は、同一の価値観を持った「本当に好きな人」と「好きな時間」を過ごせる様にしましょう‼️

黄金の60代は、人生の時間の中で、「最幸の時間」になるのです。

西田文郎の特別講演ワンデーセミナー東京

http://nishidakai.com/nishidakai1021/


女性の為の「西田塾」

http://meidoukan.com/lp/nishida-woman9/


西田文郎の「天運の法則」9期11月東京

http://nishidakai.com/tenun9/


西田文郎の「繁栄の法則」12月5日〜6日東京

http://nishidakai.com/haneilp/


西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


西田文郎のメルマガ

http://nishida-fumio.com/mail/


IMG_4900.JPG


| 西田文郎の心学塾 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/531PAGES | >>