◆◆◆最新情報◆◆◆

障害者のための求人・転職サービス



西田文郎公式facebookページ



西田文郎公式メルマガ







西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
このブログを携帯で見る
qrcode
アーカイブ
カテゴリー
<< これから起こるニュース介護施設 | main |
いよいよ21日感覚破壊「東京特別講演」
SNSの情報の怖い世界!

インターネットの便利な時代になり今や、子供から大人まで、多くの皆さんが携帯電話でSNSの情報を取得しています。

この情報には、正しい情報だけではなく、脳をマインドコントロールする、危ない情報もたれ流しになっています。

この情報過多の時代には、情報のチェックの仕方や分析の仕方が大変重要になると思います。

専門家の間でも「エコーチェンバー現象」「エコーチェンバー効果」が問題になっています。

「エコーチェンバー現象」とは、情報、信念などが閉じたコミュニティ内で反復されることで増幅、強化される現象をさします。

この「エコーチェンバー現象」は、同じ意見の人だけが話し合っているうちに、それが正しい事だと皆んなが信じてしまう事を指します。

「エコー・チェンバー」は、情報やアイデアや信念などが、閉じたシステムの内部でコミュニケーションされ、反復されることで、増幅、強化される状況のメタファー(隠喩)となっているのです。

比喩的な意味における「エコーチェンバー」の内部では、公式発表には疑問が一切投げかけられず、それと異なる、あるいは、対抗する見解は、検閲、禁止されるか、そこまでならないとしても目立たない形でしか提示されないのです。

今まで、数多くのテロを行って来たイスラム国の終えんが近づいていると言われています。

既にIS戦闘員がイラクのモスル西部の旧市街及び彼らが首都とするシリアのラッカにほぼ追い込まれているからです。

しかし、欧米やトルコ、ヨルダン、クウェートなど中東諸国のイスラム過激組織の専門家は新たな危機を懸念しています。

なぜならば、組織としてのISは疑似国家の消滅で解体しても、地下に潜り母国に戻るIS戦闘員や彼らのイデオロギーが拡散し、各地で新たなテロを引き起こす可能性が高いからです。

このため、英仏独などの欧州諸国やロシアの治安専門家は、自国出身のIS戦闘員の帰国に目を光らせつつ、IS思想への共鳴者の監視を強化しています。

しかし、彼らのテロが無くなる事は大変難しいと思います。

なぜならば、SNSによる「エコーチェンバー現象」は、これからますます増えるからです。

あなたの大切なお子さんや家族がSNSの悪い「エコーチェンバー現象」を起こさない事を願います。

その為には、正しい人間の「脳の教育」が重要になって来ます。

今、日本中に私が開発した脳のSBT(スーパーブレイントレーニング)の指導に多くの一級トレーナーさんがまわって下さっています。

是非、驚きの脳のSBT講演をお聞き下さい。

私は、今週の土曜日の21日に東京で特別講演を行います。

楽しみにしておいて下さい。

西田文郎の特別東京講演10月21日

http://nishidakai.com/nishidakai1021/


新しい時代の女性経営者の為の「西田塾」

http://meidoukan.com/lp/nishida-woman9/


西田文郎の「天運の法則」9期11月東京

http://nishidakai.com/tenun9/


西田文郎の「繁栄の法則」12月5日〜6日東京

http://nishidakai.com/haneilp/


西田文郎公式サイト

nishida-fumio.com/


西田文郎のメルマガ

http://nishida-fumio.com/mail/



| 西田文郎の心学塾 | 03:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nishida-fumio.com/trackback/1091413
トラックバック