◆◆◆最新情報◆◆◆

障害者のための求人・転職サービス



西田文郎公式facebookページ



西田文郎公式メルマガ







西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
このブログを携帯で見る
qrcode
アーカイブ
カテゴリー
<< 大切なのは、人間の六方思考である! | main | 貴方は自宅の電話番号を覚えていますか? >>
村上春樹お前はバカか!

村上春樹お前はバカか!

【南京大虐殺】「日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました」

村上春樹が新刊にこう書いたのです。

(村上春樹著「騎士団長殺し」より)

その年の十二月に何があったか?                 「南京入城」と私は言った。

そうです。いわゆる南京虐殺事件です。          日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占拠し、そこで大量の殺人が行われました。                 戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。                                   日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。                                                     中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます。                     しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」

これは大問題です。

戦争で苦労した今は亡き、明治生まれの私の父や父の友人達が天国から怒っています。

戦争は人間が異常心理で戦っていますが日本人には武士道精神がありますので村上春樹が書いた様な何十万人もの殺害など無かったのに、こういう本で信じてしまう人が世界中で出てくるのです。

大問題です。

無責任で許されるレベルではありません。

まるで、日本がアメリカに原爆を落とした国だと書いている様なウソなのに、亡くなられ沢山の命を落とした日本兵士とその家族が村上春樹に「そんなウソの作り話を調べもせずに何故書くのか」と泣いていると思います。

これでは、正義感で亡くなられた日本の先人達に大変失礼だ!失礼過ぎる。

村上春樹!お前はここまでバカだったのか!と心から思うのである。



| 西田文郎の心学塾 | 09:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
西田先生、全く同感です
| さくらいやすこ | 2017/03/27 9:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nishida-fumio.com/trackback/1091386
トラックバック