◆◆◆最新情報◆◆◆

障害者のための求人・転職サービス



西田文郎公式facebookページ



西田文郎公式メルマガ







西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
このブログを携帯で見る
qrcode
アーカイブ
カテゴリー
<< 日光東照宮の猿! | main | 村上春樹お前はバカか! >>
大切なのは、人間の六方思考である!
西田文郎の「六方思考」で感謝の心を作る!

今から39年前、私が29歳の時に私の父が他界しました。

その時、仏壇に向かって私の母が20分も25分も拝んでいました。

何でそんなに長い時間拝んでいるのか不思議に思った私が母に「何をそんなに長い事、拝んでいるの?」と聞いたら、釈迦の教えに六方に向かって全てに感謝する「六方拝」というものがあると言う事を教えてくれました。

「東」に向かって両親、先祖に感謝!

「西」に向かって配偶者や子供の家族に感謝!

「南」に向かって人生の中の恩師に感謝!

「北」に向かって友人、知人の友に感謝!

そして、あと2つは上下、
「天と地」の自然に感謝!なのです。

それら全てにありがとうと感謝する。

それが「六方拝」なのです。

「ありがとう」と言う感謝の言葉は、実に不思議ですよね。

まるで、幸運を生む「母親の愛」のようです。

ありがとうと言うことで人に優しくなれるし、愛を受けやすい心も生まれてきます。

それを私に教えてくれた母も、もう他界していますが、ありがとうと言葉を天に向かって唱えることで他界した私の両親や祖父母が「文郎頑張りなさいよ」と励ましてくれる「天の声」が毎回聞こえます。

六方拝は、自然界のあらゆるものが自分を守ってくれている。

自分は、「何と運がいい人間なのか」と思えるのです。

運がいいか悪いかは、私の作った株サンリで申し上げている経営者の3要素「知・徳・胆」の人望「徳」があるかないかで決まります。

運がいい人が、よく「あの人は徳があるね」と言われます。

「運」の前に「徳」があるのです。

「徳」を積むには、六方拝で「ありがとう」を唱える事です。

世の中の人で「徳」がある人に「運」がやって来ているのです。

徳を積む道は三つあります。

1. 自然に親しみ、自然の命に接する。

花の美しさや樹々の強さ、鳥のさえずりの心地よさ、朝日の素晴らしさなどを一生懸命拝んで感謝するのです。

2. 美しい事を美しいと思い、美しいものにもっともっと接する事です。

3. そして、美しい言葉を書き、人が喜ぶ言葉を使う。

それから美しい心の本を読んだり、美しい文字に接する 事です。

先祖というものは我々をこの世に生み出してくれた人々です。

エネルギーを与えてくれた人々です。

だから、先祖を祀らない家の子孫は繁栄しない。

親は皆、自分の子どもには幸せになって欲しいと思うものです。

その思いに感謝する事が、その家の繁栄につながります。

その為には、まず自分が先祖を大事にして、先祖に感謝し、その姿を子供に見せなければなりません。

先祖というものは、目に見えません。しかし、感謝して先祖に一生懸命生きると誓うと応援してくれるものです。

そして、将来、自分が先祖になり、子や孫やひ孫の心の中に生きていると子孫を守る事になるのです。

それが、その家を、ずっと繁栄させる力となるのです。

先祖を大切にする事から愛を学び、未来を繁栄させるエネルギーを頂けるのです。

これは、今の時代にこそ、必要とされる人間の「心の真理」なのです。
| 西田文郎の心学塾 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nishida-fumio.com/trackback/1091385
トラックバック