◆◆◆最新情報◆◆◆

障害者のための求人・転職サービス



西田文郎公式facebookページ



西田文郎公式メルマガ







西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
西田文郎関連の本
このブログを携帯で見る
qrcode
アーカイブ
カテゴリー
<< トランプは、「他人の脳を変える方法」をやったのだ! | main | 多くの書店が撤退している! >>
人工知能の戦いに遅れた日本?
数年前「人工知能 米追う中国」という大見出しの後に「世界で50人専門家争奪」というのがありました。

皆さんは、この記事どう思いますか?
 
コンピューターが自ら考える人工知能(AI)を巡り、
今、世界的な頭脳争奪戦が繰り広げられているそうです。
 
この記事を読んで、日本の未来に不安をかんじました。
 
人工知能の中で、特に奪い合いになっているのは、
「ディープランニング(DL)」と呼ばれるプログラムの専門家たちです。
 
「ディープランニング(DL)」の専門家は「世界でもわずか50人程度」と
言われているそうです。

その囲い込みに、世界中のIT大手産業が血眼になっているのです。
 
先手を打ったのが米グーグルです。

2013年3月、「ディープランニング(DL)」の先駆者カナダのトロント大学のジェフリー・ヒントンのベンチャー企業を買収しました。
 
対抗するかのように、フェイスブックは、同じ年の12月、人工知能研究所を
設立し、ヒントン教授の弟子を責任者に招きました。

すると、今度は、グーグルが英ベンチャーを買収し、10人ほどの優秀な研究員を獲得したそうです。

買収額は400億円と報じられたそうです。
 
囲い込みの発端は、人工知能の「ある技術革新」だと言われています。

それは、「コンピューターが初めて、人間が撮影した動画から、ものを識別し自ら画像をつくりあげた技術革新」だそうです。
 
DLの専門家を巡る世界の争奪戦に、残念ながら日本企業が
参加している様子はないようです。

今、アメリカ大手の影をひたひたと追う勢力があります。

それは、中国です。
 
中国のグーグルと言われているネット大手「バイドゥ」です。

2013年、シリコンバレーにひっそりと人工知能研究所を設立したそうです。

そして、所長にDL研究の第一人者ング氏を迎えました。
 
尖閣列島や南沙諸島、西沙諸島における強引な手法と
ウイグル自治区などで、中国当局の強権的な弾圧ぶりが報道されるたびに、大国になった反面、法治国家として未熟な面を持っている中国に不安を覚えます。

「ディープランニング(DL)」の技術者や専門家を利用して、無人戦闘機やロボット兵器などの兵器開発をすることになったらと思うとぞっとします。

天安門事件にみるように、一党独裁を貫くためには、あらゆる手段を用い、都合の悪い面は隠蔽するからです。

中国の開放政策は、民衆を徐々にですが賢くしていきます。

抑圧された民衆の怒りは、いつの日か一党独裁の政治体制を覆すようになるでしょう。

ソビエト連邦崩壊のように。。。
 
また、北朝鮮が韓国の情報を得るために、
無人偵察機を放ったことがニュースになったことは記憶に新しいです。

北朝鮮本国から指令を受けた無人偵察機が、そのうち日本にもやってくる時代があるかもしれません。
 

| 西田文郎の心学塾 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nishida-fumio.com/trackback/1091367
トラックバック